ジャカードのソフト屋さん 未分類

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I社のこと 4

私は、独立する前はほとんどパソコンをいじったことがない、仕事的にも織物にかかわったことがない人間でしたので、一週間の講習で身につくはずもなく、その後は、お客様から怒られ(教えていただき)ながら少しづつ、パソコンのこと、ソフトのこと、織物のこと、業界のこと(←ココ一番大事)を覚えていきました。

その当時、I社のソフトはDosだったかWindows3.1だったかで動いていました。新たにWindows95のソフトが開発中でした。

さて、I社の優れていた点を一つ。それまでDosの世界では、アプリケーションソフトがパソコンを支配していました。Windowsになると、Windowsがパソコンを支配することになり、アプリケーションソフトはWindowsから呼び出されることになりました。その結果、複数のアプリケーションソフトが同時に動作できるようになりました。Dosの環境では、アプリケーションソフトは万能の性能が要求されます。スキャナーを駆動し、スキャンデータを取り込み、色まとめをおこない、画像を作成・編集し、プリンターを駆動しプリントアウトをし…。昔のソフトはすべてをカバーできなければならなかった。Windowsになると、これらの作業を複数のソフトが分業できるようになった。スキャンとかプリントアウトとかはWindowsに任せることができるようになった。

当時ぽつぽつと出現しつつあったWindowsソフトと称するものは、Dosの考え方を引きずっており、すべての作業が一つのソフトでできるというのが基本だったように思う。

I社の場合、さらに一歩進めて、色分解するソフト、画像編集するソフト、織・編の風合いを表現する(シミュレーションともいえるかも)ソフト、いろいろな配色を作成するソフト…というように、複数の独立したソフトにし、お客様が必要とするソフトのみを購入する方式にしました。それまで300万円、400万円で販売されていたソフトが、20万・30万から購入できるソフト群になりました。

1997年、アジアの繊維産業の中心は大阪でした。大阪で繊維機械展(OTEMAS)が開かれ、I社も上述の新しいコンセプトのソフトのお披露目を行いました。来場者にも大いに関心を持ってもらい大盛況でした。ただ残念ながら、私の力不足もあり、日本のお客様に大量に売れるということはありませんでした(韓国、台湾、インドネシアなどアジアの各国にはかなり販売できたようです)。その時、島精機の営業、技術の方が大勢見学にいらっしゃいました。それもチラ見とかではなく、ちゃんと名刺を出して、自己紹介をして、「見学させてください」と挨拶をして見学されました。「さすがは世界企業」と妙に感心したものです。

いずれにしても、Windowsの特性を活用した当時としては先進的な試みであったと思います。島精機さんは、確か、当時はまだ「専用機」を使ってらっしゃったような気がします。当時島精機さんのユーザーさんに聞いてみると、「織物(実物)をスキャンして、経糸・緯糸の色を実際の色から変更して多くの配色を作成・提案できる」という機能に魅力を感じていらっしゃるユーザーさんが多かった(今でも、その機能を使いたいために島精機のソフトを購入したというお客さんは結構多いように思う)。実は、I社の Easy Jacquard というソフトはその機能に特化したソフトで、30万円くらいで購入できたのですが…
スポンサーサイト

水餃子

今週、大連に行ってきました。もちろん仕事ですが…

今日のテーマは、水餃(スイチャオ)、いわゆる水餃子です。

水餃

名物料理ということで、お客さんに招待されて食べにいきました。それまで餃子と言えば焼き餃子しか食べたことがなかったので、「水餃子」というと、名前の通りワンタンみたいな具がスープに浮いているのかと思っていました。初めて食べた現物は、茹でて皿に盛ったもの…、粘着性で、互いにべったりとくっつきあっています。味の方は、具の種類がいろいろ選らべるし、それなりにおいしかったかな…?でも、私的には、カリッと焼いた焼き餃子に一票です。

で、思い出したのが、中国語の「水餃」という言葉。夏の盛り、海やプールでは水浴客がごった返す様子を「水餃のようだ」と表現しているのを、中国の新聞で読んだことがあります。日本語なら、さしずめ、「芋の子を洗うようだ」と表現するでしょう。「水餃のようだ」とは、さすが、水餃の本場中国だと納得していたのですが…。

その時点では、不覚にも、水餃子とはワンタンの大きい版みたいなものがスープに浮かんでいる、そんなイメージでした。プールに人が一杯で、遊泳するのも困難なくらい混雑している…。でもそれくらいなら、日本にもそれくらいの混雑はあるよね、と…。

遅まきながら、今回、実物の水餃子を見て、実際のプールの混雑振りが初めて理解できました。人と人とがべっとりとくっつきあっているんですね、もはやスープは無い(笑)?さすが中国…。あと、浮き輪の効用が理解できました(水没防止ではなく、自分の周り数10センチの領海確保…?)ね。

プール




大阪弁(南河内)

うちの嫁はんは南河内の羽曳野出身です。名前はコンドーですが、「近藤」ではなく金属の金と銅と書きます。先祖は大陸から渡ってきた渡来人らしい。梅酒のチョーヤの社長とは遠い親戚ということです。今、まわりの山はぶどう畑に変わり、河内ワインの産地になっています。

私は滋賀県出身です。「イトはん」、とか「コイはん」とかは大阪商人のドラマで聞いて知っていた。「船場」言葉と思っていた。最近知ったことですが、南河内でもそんな言葉が使われていて、嫁はんもちいちゃい頃は近所の人からは「イトはん」、その妹は「コイちゃん」と呼ばれていたらしい。(3人姉妹のときは、真ん中は「ナカンちゃん」、これはネットの知識です)はんなりしていい言葉ですね。

子供を育てる→「オッキする」、修理する→「ヨーする」、年長→「オッキい」、年少→「チッチャい」、きっかけ→「キッショ(吉祥?)」、急いで→「ヒキッて(日切って?)」、餅→「アモ」、不味い(味が)→「もみない」、持つ(持ち上げる、持ち運ぶ)→「さげる(下げる)」、掃除する→「ウツクシする」、鯛→「おタイさん」、根本(コンポン)→「コンモト」。

重た~い酒樽を二人で担いでいた。一人は河内もん、もう一人は京都人。蓋が開いていたさかい、息ぃ合わして、平らにして運ばなあかん。相方の方がちょっと低ぅなってるのを見た河内もん、息ぃ切らしながら、「おーい、そっちの方もうちょっとさげてぇな」ゆうたら、京都人は「下げて」しもうて、酒がこぼれてしもうた。河内もんは、「さげる=持ち上げる」ゆう意味やったらしい。

あと関西弁全体の特徴ですが、1文字(1音節)の単語は長く伸ばしますね。血→「ちぃ」、毛→「けぇ」、手→「てぇ」、目→「めぇ」、歯→「はぁ」、胃→「いぃ」などです。発音を長ごうした代わりに、その後の助詞を省く傾向が強いような気がします。目が回る→「めぇまわる」、歯を抜く→「はぁぬく」、手を出す→「てぇだす」。NHKのごちそうさんでは、近藤正臣が、関西弁、一番板についてますね。

東京オリンピック

東京オリンピック決まりましたね。関係者の皆様、お疲れ様でした。

私自身は、それほど賛成じゃないんですよね。

どうせ日本でやるなら、名古屋、大阪はしくじったけれど、福岡とか広島にやらせればいいんじゃないの、って思います。これからオリンピック向けに、東京に公共投資が集中するのでしょう?なんで、何もかも、東京に集中させるのか?私には理解できません。確かに一極に集中させれば、目先、効率的でしょうが、非常に偏った、脆弱な日本になると思うのですが…

関西人の僻みでした。

震災の日

もう2年間がたったのですね…

私は、あの日、金沢に出張しておりまして、
行きは、震災とは関係ないのですが、雪やら事故やらで、2回も乗り換えが発生するというアクシデントが発生しました。
帰りは、金沢駅で、

震災の詳しい状況は全く知らなかったのですが
「東京方面」全面ストップ
「関西方面」通常運転
という、落差に愕然としたものです。

お客様の中には、東京出張中で、2日、3日足止めされて帰れなかったという方もいらっしゃいます。

それから数ヶ月間、関東以北のお客様や自動車関係のお客様などに、怖くて電話できなかったです。普通に営業に回れるようになるのに、半年以上かかった記憶があります。

被災者の皆様の、一日も早い復興をお祈りいたします。
プロフィール

誇大

Author:誇大
こんにちは、誇大です。織物用の設計ソフトを販売しています。次世代の織物(炭素繊維・アラミド繊維【ケブラー】、ガラス繊維使用の3次元織物、くもの糸も有望かも)用ソフトもあります。
日本の織物業界のお役に立てれば…と思っています。
私の妄想にお付き合いお願いします。

時間があったら、うちのホームページもよろしく。
http://www.visionjp.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。