ジャカードのソフト屋さん 2013年12月
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪弁(南河内)

うちの嫁はんは南河内の羽曳野出身です。名前はコンドーですが、「近藤」ではなく金属の金と銅と書きます。先祖は大陸から渡ってきた渡来人らしい。梅酒のチョーヤの社長とは遠い親戚ということです。今、まわりの山はぶどう畑に変わり、河内ワインの産地になっています。

私は滋賀県出身です。「イトはん」、とか「コイはん」とかは大阪商人のドラマで聞いて知っていた。「船場」言葉と思っていた。最近知ったことですが、南河内でもそんな言葉が使われていて、嫁はんもちいちゃい頃は近所の人からは「イトはん」、その妹は「コイちゃん」と呼ばれていたらしい。(3人姉妹のときは、真ん中は「ナカンちゃん」、これはネットの知識です)はんなりしていい言葉ですね。

子供を育てる→「オッキする」、修理する→「ヨーする」、年長→「オッキい」、年少→「チッチャい」、きっかけ→「キッショ(吉祥?)」、急いで→「ヒキッて(日切って?)」、餅→「アモ」、不味い(味が)→「もみない」、持つ(持ち上げる、持ち運ぶ)→「さげる(下げる)」、掃除する→「ウツクシする」、鯛→「おタイさん」、根本(コンポン)→「コンモト」。

重た~い酒樽を二人で担いでいた。一人は河内もん、もう一人は京都人。蓋が開いていたさかい、息ぃ合わして、平らにして運ばなあかん。相方の方がちょっと低ぅなってるのを見た河内もん、息ぃ切らしながら、「おーい、そっちの方もうちょっとさげてぇな」ゆうたら、京都人は「下げて」しもうて、酒がこぼれてしもうた。河内もんは、「さげる=持ち上げる」ゆう意味やったらしい。

あと関西弁全体の特徴ですが、1文字(1音節)の単語は長く伸ばしますね。血→「ちぃ」、毛→「けぇ」、手→「てぇ」、目→「めぇ」、歯→「はぁ」、胃→「いぃ」などです。発音を長ごうした代わりに、その後の助詞を省く傾向が強いような気がします。目が回る→「めぇまわる」、歯を抜く→「はぁぬく」、手を出す→「てぇだす」。NHKのごちそうさんでは、近藤正臣が、関西弁、一番板についてますね。
スポンサーサイト
プロフィール

誇大

Author:誇大
こんにちは、誇大です。織物用の設計ソフトを販売しています。次世代の織物(炭素繊維・アラミド繊維【ケブラー】、ガラス繊維使用の3次元織物、くもの糸も有望かも)用ソフトもあります。
日本の織物業界のお役に立てれば…と思っています。
私の妄想にお付き合いお願いします。

時間があったら、うちのホームページもよろしく。
http://www.visionjp.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。