ジャカードのソフト屋さん I 社のこと 3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I 社のこと 3

当時、ジャカード、ドビーなどの織物ソフトを開発しているメーカーで、世界的な展示会の常連といえば、フランスの I 社、オランダの N 社、ベルギーの S 社、ドイツの E 社…、こんなところかな?当時、S 社、E 社はユニックスで製品を開発し、N 社、I 社はDos で開発し、 Windows に移行中でした。私の中ではこの4社が「世界メーカー」でした。

I 社はソルボンヌ大学出身の3人の技術者が設立した会社で、パリに本社がありました。私が参加した当時は、3人の内1人(社長)がアメリカのマーケットを開拓するため、アメリカ(ニューヨーク)の事務所に常駐していました。私はパリの本社を訪ねて、本社に常駐していた副社長と交渉して(当時、私は、彼が社長だと思っていました)、無事、I 社の日本代理店に指名されました。その時の条件は、年間数百万(数字は忘れました)を売るように、という、とても緩やかな条件で、日本の独占代理店にしてくれました。ソフト2台分無償で貸してくれ、別途、専用グラフィックボードが必要(DOSで動いていたので)なので、それは数十万円の費用を徴収されました。1996年のことです。

一週間ほど、パリで講習を受け、その足でオランダに寄って、前の会社で多少お付き合いのあった N 社(総合商社が日本代理店をしていました)に挨拶をして、日本に帰国しました。世界の4大メーカーの一角である I 社の日本代理店…。一週間の講習で、自分自身IT技術者の端くれになったと思っていました。

その後、厳しい現実に直面します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます

続編 連載開始ありがとうございます。今後も楽しみにしています。
プロフィール

誇大

Author:誇大
こんにちは、誇大です。織物用の設計ソフトを販売しています。次世代の織物(炭素繊維・アラミド繊維【ケブラー】、ガラス繊維使用の3次元織物、くもの糸も有望かも)用ソフトもあります。
日本の織物業界のお役に立てれば…と思っています。
私の妄想にお付き合いお願いします。

時間があったら、うちのホームページもよろしく。
http://www.visionjp.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。